移至主要內容區
Mobile Menu Button
福隆  ススキの  草嶺古道 
付近のスポット
興味があるかも
イベント情報
最新ニュース
観光スポット
ツアー
イベント

冬山河親水公園

絞り込み検索
關閉進階搜尋
エリア
すべて選択
テーマ
すべて選択
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

水と緑を結び付けた冬山河親水公園は、冬山河のほとりにあります。見渡せば鮮やかな赤の利澤簡橋が見えます。この青空と緑地で覆われ、赤い橋が川に跨る景色の美しさは、多くの人が冬山河親水公園に対し持っているイメージです。ここでリラックスしたり遊んだりする家族連れも多くいます。

ここでは至る所で「水と大自然に親しむ」という理念と工夫が見られます。陸と川が交わるところで、大半は階段状になっており、一段ずつ水中に続いています。または陸地から水辺までスロープが延びています。劇場の舞台からは遠くに海が見え、水上の舞台、五つ並んだ小石を円錐形に盛った卵石丘は、ちょうど亀山島の亀の首に見える部分に向かっており、さりげなく蘭陽の自然のランドマークが敷地内に入り込んでいます。東山川は古くからの言い伝えで、青龍と黄龍に岸を守られてきたといいます。そのため、川のほとりでは小石を高く積んだうねるような形の龍坂があり、水色、青、黄色、オレンジの陶器プレートがはめられています。龍坂の階段にある四角い愉快なモザイク画は、宜蘭の子供達が貼って作った傑作です。 

よく整備された公園は3つのエリアからなり、大人から子供までじっくりと「水に親しむ」ことができます。ボートエリアでは、ドラゴンボートやカヌーの練習ができます。ボートに乗って、空が水に反映された景色や、遠くの小舟の影といったロマンチックな景色を楽しめます。水遊び場は様々な高さのものがあり、水深は足首ほど、多くの親子が手を繋いで水遊びをして暑さをしのいでいます。池の中の大きな白い石と三日月形の小石でできた壁には、象徴的な意味があります。小石の壁は鴨を飼うための籬を表した、宜蘭の伝統的な鴨飼いの人々を描写しています。そして子供たちが大好きな水遊びエリアもあり、プール、アスレチックプール、河川プールに分かれています。夏には水着持参で楽しむことができます。また、ここのプールの形はまた蘭陽渓の湾曲した姿をしており、冬山河親水公園にはたくさんの驚きがあると言えるでしょう。

冬山河親水公園に来たら、川をサイクリングして、冬山河に映る山の姿を見渡すも良し、夢中で水しぶきと戯れるも良し、川のほとりをゆったり散歩し、雑踏から逃れのんびりするも良し、または年に一度の端午の節句のドラゴンボートレースや宜蘭国際子供芸術祭を楽しむのも良いでしょう。どんな遊び方でも、冬山河親水公園なら大満足して帰宅できるに違いありません。

トラベル情報

アドレス:
宜蘭県五結郷亲河路2段2号
開放時間:
夏季7:00-22:00冬季8:00-22:00
電話:
886-3-9502097
料金:
入場無料(各イベント開催期間には公式サイトで料金をご確認ください)/駐車料金-バス100元、乗用車50元、バイク20元

サービス施設

一般施設

  • 駐車場
  • 公共トイレ

バリアフリー施設

  • バリアフリートイレ
  • バリアフリー駐車場

交通手段の情報

  1. 羅東駅または羅東転運駅で下車し、バスかタクシーに乗り換えてください。
  2. 首都客運バス台湾好行冬山河線緑21→ 冬山河親水公園駅下車。
  3. 首都客運バス241番→ 冬山河親水公園駅下車。
  4. 国光客運バス1791番→冬山河親水公園駅下車。
出発地点からの最適な交通手段を選ぶ
最終更新日:2021-03-09
トップ