移至主要內容區
Mobile Menu Button
福隆  ススキの  草嶺古道 
付近のスポット
興味があるかも
イベント情報
最新ニュース
観光スポット
ツアー
イベント

キャンプ場での注意事項

キャンプ場での注意事項

  • 渓流近くの水際、河岸、砂州など。昼間はキャンプ場として理想的に見えますが、夜になって天気が崩れたときには非常に危険です。

  • 周囲に何もない大樹の下は落雷を受けやすいので危険です。また、上方に巨石や材木がある場所や土壌の軟らかい断崖絶壁の下は絶対に避けてください。

  • 雑草が生い茂る場所、低い灌木がある付近は毒虫や蛇がいますので避けてください。

  • テント設営時、入り口は風を背にした方向にすること。湿った場所やトイレの近くは避けましょう。

  • テント内は常に清潔に保ち、ゴミを捨てたり排水を流したりしないでください。また、草花はむやみに折らず、樹木は許可なしに伐採しないでください。

  • テント内ではロウソクやお線香を用いないこと。喫煙も控えましょう。

  • 大人は子供と必ず一緒にいてください。危険なものに触れたり、虫や蛇に咬まれたりするのを防ぐためです。一緒に遊び、作業することで、親子間の仲を深めることができます。

  • 龍門キャンプ場
  • キャンプ場での注意事項

水遊びでの注意事項

  • 水に入る際、身体は水圧や冷水の刺激を受けるので、心臓病や肺病、ぜんそくの方は泳がないようにしてください。また水虫、角膜炎、風邪の方も人に感染するので、水遊びは控えてください。

  • 泳ぎのレベルの如何に関わらず、一人で泳ぐのはやめましょう。監視員のいる安全な区域あるいは救急隊員のいる場所で、安全規則を守って泳ぎましょう。

  • 初心者や泳ぎの不慣れな方は、自分の体力をよく知っておいてください。遊泳区域の環境がよく分からない場合は、深みに入らないでください。浮き輪などを使用してください。

  • よく知らない水域での遊泳はやめましょう。自分の遊泳能力を過信してはいけません。長距離で泳ぐ場合は岸と平行に泳ぐのが安全です。

  • 身体が熱い時もしくは食後、または雷のような悪天候の時は遊泳をしないでください。

  • 渓流で遊ぶとき、渓流の深度や渦の有無を知らずに水に入るのはやめましょう。特に波のない静かな池は危険がいっぱいです。

  • ラフティングボードに乗る際は、規定に従って救命道具を身につけましょう。

  • 必要な時にのみ助けを呼んでください。溺れたふりをするのはやめましょう。

  • 飛び込みは技術の如何に関わらず、やめてください。資格のあるコーチの指導の下で行ってください。

  • 龍洞湾海洋公園
  • 水遊びでの注意事項

水上レジャーに関する注意事項

  • いかなるボートレジャーにおいても、必ず合法的な検査を受け、かつ安全設備を有した規定サイズのボートを選択すること。

  • いかなるボートレジャーにおいても、安全のために救命具を身につけ、船長の指示に従って上陸、乗船すること。

  • 安全のため規定載積量を超えたボートには乗船しないこと。小舟に乗っている時に席を換える場合は、できるだけ重心を低くし、埠頭や岸辺などで行うこと。

  • サーフィンはレベルに合った講習を受けて技術を習得すること。また、プロの指導によって、装備検査を徹底的に行うこと。

  • サーフィンは高波で行うため、一旦事故が発生すると、一般的な救命道具では間に合いません。救難船など専用の救命設備が必要になります。

  • サーフィン時は前後左右をよく注意してください。他のサーファーが向かってきたときには、安全のためにすばやく移動してください。

  • ウインドサーフィンを行うときには防寒着を身につけ、鮮やかな色彩の帆とボード、衣服を使用してください。また、安全キャップも被ってください。

  • シュノーケリングではマスク、シュノーケル、フィンなどを使用し、プロから指導を受けた後に行うこと。ダイビングは訓練を受けてライセンスを取得してから、必ず二人以上で行うこと。また、ダイビングを行う海域には安全のため旗など目印を立てること。

  • 水上レジャーに関する注意事項
  • 衝浪
  • キャンバス

溺水時に注意するべきこと

  • 溺水は身体を傷つけるだけでなく、呼吸障害も引き起こします。緊急の場合、まずは人工呼吸を最優先で行ってください。例え水の中でも、緊急を要する場合は、口の中の異物を取り除き、的確な方法で気道を広げ、人工呼吸を行ってください。人工呼吸中、気道の中にある水が邪魔をし、息を吹き込めない場合は、再度気道を開き、もう一度試してください。もしそれでも不可能な場合は、気道を異物が塞いでいるということなので、舟か岸に上がり、すぐに気道の異物を取り除いてください。人工呼吸に成功した後は、呼吸循環の状態を確かめ、頸動脈の脈拍が確かめられない場合は、心肺蘇生法を行ってください。酸素ボンベがあれば、最高濃度の酸素を与えてください。この際、湿った衣服は脱がし、身体を拭いて、風を遮るもの(毛布や乾いた衣服、またはアルミや新聞紙なでも可)で包んで上げてください。身体の傷や体温の低下を軽く見ないで、慎重に処理してください。

  • 溺水時に注意するべきこと
  • 戲水安全

登山時の注意事項

  • 登山の前には綿密な事前準備をしましょう。思いつきでの行動はやめてください。

  • 単独では行動せず、必ず経験豊富な同行者を連れて行きましょう。

  • 登山の計画を事前に友人や家族に知らせておきましょう。

  • 常に地図で現在地を確認しましょう。

  • 完璧な登山装備をし、その使い方を熟知すること。臨機応変に使用できるようにしてください。

  • 順路に従って進みましょう。自分の能力の範囲を超えた険しい峰などには挑戦しないでください。

  • 天候の変化には注意してください。前もって準備をし、手抜かりのないようにしましょう。

  • 登山
  • 登山時の注意事項

バードウオッチングに関する注意事項

  • 野鳥観察時には迷彩色あるいは周囲の環境に似た色の衣服を身につけること。

  • 小さな声で話し、大声で騒がないこと。特に子供には出発前によく注意すること。

  • 野鳥が警戒のポーズを取った場合は、それ以上接近しないこと。

  • 野鳥探索には望遠鏡、野鳥図鑑、ノート、そして自然を愛する心を持って出かけましょう。 

  • 双眼鏡はバードウオッチングに欠かせない道具です。山鳥の観賞には7倍から10倍の双眼鏡が最適です。

  • 水鳥を観賞する場合は、比較的遠くから目標を定め、倍率高めの単眼鏡を用いましょう。三脚で固定し、倍率は25倍、口径60~70mmのものが最適です。

  • 野鳥を飼育したり、輸入鳥類を放したりするのはやめてください。鳥類の生態バランスを壊します。

  • バードウオッチング時に鳥類が巣を築いたり、雛を育てたりしている場合は、遠くから観察し近づかないようにしましょう。適度な距離をもって観察すること。

  • 野鳥を撮影する場合は自然光で、フラッシュを使用しないように。彼らを驚かしてしまう恐れがあります。

  • 鳥類によっては恥ずかしがり屋な気性もおり、簡単に観察できない場合があります。不適切な方法で誘導しないようにしましょう。

  • 野鳥をむやみに追いかけたりするのはやめてください。

  • 鳥の住処や雛を育てている場所を発見したときは、声を発しないで、迷惑にならないようにしましょう。

  • 大勢の野鳥愛好家で一緒に行動する場合は、リーダーの指示に従うようにしましょう。鳥たちの安全に影響を及ぼさないようにすること。

  • 観察あるいは撮影のために花や木を折ったりしないように。野鳥の住処および付近の自然生態を壊さないようにしましょう。

  • 鳥類の生存権を尊重し、鳥の卵を採集したり、野鳥を捕獲したりするのはやめてください。

  • バードウオッチングに関する注意事項
  • 野鳥観察エリア

ホエールウオッチングの注意事項

  • お酒を飲まず、タバコは吸わないこと。

  • 前日は徹夜せずに十分な睡眠を取ること。

  • 船酔いの時は、看板に出て新鮮な空気を吸いましょう。

  • 辛いものや油の多いものは食べないで、生薑茶や生薑飴など船酔い防止になるものを服用すること。

  • 船長やスタッフの指示に従い、必ず救命具を身につけること。船上で追いかけっこをしたり、船の欄干や屋根に登ったりしないこと。

  • 心臟病、高血圧患者、お年寄り、乳児、身体障害者(同伴者がいる場合は除外)、妊娠26週目以上の妊婦は乗船しないでください。

  • 通気のよい長袖の服を着て、日よけの帽子をかぶること。

  • 日焼け止めクリーム、酔い止め薬、サングラス、望遠鏡、カメラ、笛を携帯すること。

  • 歓声を上げるのはよいですが、船を叩いてイルカやクジラを驚かせるのはやめてください。

  • 楽しく、そして静かに観察しましょう。

  • カメラやビデオは携帯OKですが、物を海中に投げ入れた入り、エサをあげたりするのはやめてください。

  • クジラやイルカが出現したら、じっくりと解説員の話に耳を傾けましょう。

  • 何か分からないことがあれば、スタッフに尋ねましょう。

  • 港湾の検査があるので、外国人はパスポートを持参しましょう。

  • 公告の開放区域以外は、旅行者の進入は禁じられています。開放時間は午前9時から午後4時までです。

  • 島上陸当日に風浪が6級以上あるいは海上の天気不良、台風などの自然現象、島の設備が破損されるなどで上陸が困難な場合は別の日に上陸するようにしましょう。

  • ホエールウオッチングの注意事項
  • イルカ
  • ホエールウオッチング
最終更新日 :: 2019/11/16
トップ