移至主要內容區
Mobile Menu Button
福隆  ススキの  草嶺古道 
付近のスポット
興味があるかも
イベント情報
最新ニュース
観光スポット
ツアー
イベント

蘭陽博物館

絞り込み検索
關閉進階搜尋
エリア
すべて選択
テーマ
すべて選択
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

蘭陽博物館の外観は東北角特有の地形である「単面山」や岩の節理をモチーフにしています。四季の移り変わりや天候による光線の変化が異なる色調を生み、遠くから見ると、あたかも水の上に佇んでいるかのように見えます。博物館と青空が湖面に映る姿は壮大かつ優雅で、一幅の詩画のようです。

自然との融合という理念に基づき、ここも烏石港湿地遺跡を保存し、豊富な水生植物の保護地となっています。館内の常設展示のテーマも建築の特色と同様に、それぞれ上から山の層、平原の層、海の層および時光の回廊となっています。 これらを一回りすれば、蘭陽の地理、自然生態そして人文の軌跡などを知ることができます。

外壁全体はグレーを帯びた青色のタイルおよびガラス張りとなっています。宜蘭の陽光は天然のスポットライトで、どの角度から眺めても期待を裏切りません。向かい側の展望台からは天気が良くて風のない時には、水面に映った鮮やかな博物館の姿を眺められます。

トラベル情報

アドレス:
宜蘭県頭城鎮青雲路三段750號
開放時間:
詳しくはホームページをご覧ください
電話:
886-3-9779700 
料金:
詳しくはホームページをご覧ください

サービス施設

一般施設

  • 駐車場
  • 公共トイレ

バリアフリー施設

  • バリアフリートイレ
  • バリアフリー駐車場
  • 車いすの貸出し

交通手段の情報

  1. 台鉄頭城駅から国光客運バスの壯圍沙丘線、緑18番、1766番(土日運休)、1877番 / 噶瑪蘭客運の宜蘭勁好行131番で「烏石港轉運站(バスターミナル)」バス停で下車。
  2. 台鉄頭城駅から国光客運バスの1737番、1740番、1811番、1812番で「港口」バス停で下車。
出発地点からの最適な交通手段を選ぶ
最終更新日 ::2020-08-25

より面白い

トップ