移至主要內容區
Mobile Menu Button
福隆  ススキの  草嶺古道 
您附近的景點
興味があるかも
イベント情報
最新ニュース
観光スポット
ツアー
イベント

エリアガイド

絞り込み検索
關閉進階搜尋
エリア
すべて選択
テーマ
すべて選択
ガイド地図
金瓜石
南雅
鼻頭
龍洞
金沙湾
澳底
鹽寮
福隆
卯澳
三貂角
莱莱
石城
大里
大渓
北關
外澳
亀山島
頭城
壮圍
五結
南方澳
金瓜石
かつて金瓜石は無人の荒野でした。1888年になって5つの農家が碑尾に移住し、5軒の草を用いた小屋(草寮)が建てられ、定住しました。今日の『五号寮』という地名はここから来ています。1893年に金の鉱脈が...
もっと
南雅
雅は東北角海岸風景区北側の入口です。ここは大きな建物や林立する煙突がなく、四方は起伏に富んだ山並みと広大な海に囲まれています。山と海が接する場所では、奇抜な海蝕地形が形成され、また素朴な風情の漁村も点...
もっと
鼻頭
濱海公路に沿いに南雅を過ぎると、約84キロの地点に紺碧の海原に切り立つ鼻頭角が見えてきます。海上には一艘の軍艦に見える海蝕崖もあります。頂部がマッシュルームのような形をした蕈状岩が兵隊のように列をなし...
もっと
龍洞
龍洞の地名の由来は、この湾が龍のような弧を描いていることから付けられました。ここには四稜砂岩でできた断崖絶壁があり、迫力満点の特殊景観を形成しています。これは東北角風景区エリアで最古の岩石であり、岩質...
もっと
金沙湾
金沙湾は東北角の有名な風景スポットです。ここは無料開放されており、毎年夏になると、大勢の遊泳客で賑わいます。管理処では見晴台、小さな橋、駐車場。ビーチで水遊びする以外にも、左手の小川で親子が魚や蟹を捕...
もっと
澳底
交通が便利になり、ここを訪れる行楽客はさらに増えています。道路沿いには海鮮料理レストランが20軒ほど並び、海鮮街と呼ばれています。澳底は海洋資源が豊富で、季節により異なる魚類が出現します。東北角におけ...
もっと
鹽寮
鹽寮の海域は海域資源保護区に属し、生物の種類と数量が極めて豊富です。ここは漁民が代々生活を頼ってきた重要な漁場です。また、鹽寮から福隆までは約3キロの黄金ビーチが続き、東北角海岸で最も美しいビーチと言...
もっと
福隆
龍門地区に入ると、道路両脇には棚田と河階景観が続きます。山谷には二つの渓流が流れ込み、河と海が交差して独特な砂州地形を形成しています。波のない二つの渓流と高波が打ち寄せる福隆外海。福隆では変化に富んだ...
もっと
卯澳
卯澳は福隆から宜蘭方向に5キロ進んだ海岸近くにある漁村です。車の往来が激しい道から静かな小道を曲がると到着します。そこには樹齢百年のガジュマルや小川で自在に泳ぐ鴨、石家屋などが見られ、波の音以外は静寂...
もっと
三貂角
明国時代の1626年、スペインの船艦がフィリピンから台湾の東北角海域に到着しました。彼らは地名がはっきりしないため、航海日誌にここをSan Diego(サンディエゴ)と記載しました。これが外国人の最初...
もっと
莱莱
莱莱は東北角海岸の海蝕台地が最も発達したエリアです。北には三貂角が障壁として聳え、東には太平洋の黒潮が流れ、これが海藻類や浮遊生物の生長を促し、豊かな魚類生態を育んでいます。海蝕台地は地形の変化が大き...
もっと
石城
濱海公路沿いに進むと石城に到着します。ここは台北県と宜蘭県の県境に位置し、濱海公路の宜蘭側で最初の地点です。この地名は300年前に外国人が海辺に設けた巨石の堤防に由来しています。管理処ではここに屋外カ...
もっと
大里
石城を過ぎると、緑いっぱいの山の中に大里天公廟が見えるでしょう。大里ビジターセンターはこの廟の側に位置します。まずはここを訪れて大里の旅行情報を収集しましょう。俗称で天公廟と言われている慶雲宮は、清国...
もっと
大渓
漁獲は宜蘭県内における重要な天然資源の一つです。ここ数年は魚釣りやホエールウオッチングが盛んで、沿海の漁港には次々と観光用設備が設けられています。東北角海岸を訪れる行楽客にとっては新鮮な海産類を購入す...
もっと
北關
東北角海岸沿いには奇岩怪石が続きます。中でも北關では岩場に打ち寄せる迫力満点の波の音を楽しめます。ここには波の中に単面山が屹立しており、優美な単斜脊地形を形成しています。また、縦横に筋の入った豆腐岩も...
もっと
外澳
宜蘭頭城にある外澳ビーチは烏石港の北側に位置します。ビーチには雪のように白い波が打ち寄せ、波間にきらきらと陽光が輝いています。亀山島もはっきりと見ることができ、絶景が楽しめます。水遊び以外にもここでは...
もっと
亀山島
列車が草嶺隧道を通り抜けると、亀山島が目に入ってきます。くねくねと曲がりくねった鉄道とともに、亀山島の風貌も七変化します。亀山島はまたの名を「亀山嶼」と言い、宜蘭県頭城鎮海岸以東約10キロの距離に位置...
もっと
頭城
頭城は『開蘭第一城』と称せられ、漢人が蘭陽平原を開拓したときに最初の拠点となった場所です。山を背後に海に面した頭城は、東は太平洋を臨み、北と西には山並みが続きます。全長28キロの海岸線は変化に富み、清...
もっと
壮圍
壮圍は古くは「民壮圍」と呼ばれ、元は平埔族の一つであるクヴァラン族の蘭陽渓北側最大の居住地でした。蘭陽平原の中心に位置するため、公館漁港から遠くを眺めると、亀山八景のひとつである「亀山朝日」を眺めるこ...
もっと
五結
「結」は漢人の開墾地の基本単位です。五結郷は表面的には一枚の沖積平原が広がっているように見えますが、ここには高地や沙丘、河口、沼澤湿地といった様々な地形が見られます。蘭陽平原の東南角に位置し、蘭陽渓の...
もっと
南方澳
南方澳は東台湾で最大の陸繋島で、蘇澳港と繋がった天然の地形です。外海では無数の魚が黒潮に乗って回遊してくるため、有数の漁場となっています。南方澳地区では岬や岩礁海岸、海蝕崖、海蝕洞、陸繋島、湾、砂浜と...
もっと
トップ