Google Analytics (分析)
字の大きさ設定 [Ctrl] + [+]:文字サイズ 大,[Ctrl] + [-]:文字サイズ 小
AAA facebook icon twitter icon plunk icon プリント

動物生態

:::東北角及び宜蘭海岸国家風景区は雨量が豊富で、重大な環境破壊を受けたことがありません。ここでは植物が生い茂るだけでなく、野生動物の棲息と繁殖にも適した土地となっています。ここには台湾纓口鰍や台湾石虎、烏亀怪方蟹などの特殊種が棲息するほか、個数も非常に豊富です。
* ほ乳動物
よく見られるほ乳動物はイノシシ、野ウサギ、ハクビシンなどで、山中では蛇やトカゲの足跡も見られます。
* 昆虫
オオゴマダラ、カルミモンシロチョウ、アリジゴク、台湾オオコオロギなど特色ある昆虫がいます。
* 野生鳥類
紅隼
紅隼
小白鷺
小白鷺
台灣藍鵲
台灣藍鵲
鳳頭燕鷗
鳳頭燕鷗
野生鳥類の種類と数量は非常に豊富で、149 種39科に分けられます。陸棲鳥類以外に、シギ科の水鳥、海カモメ、アジサシなどの海鳥もいます。鷹や老鷹、チョウゲンボウ、カンムリオオタカ、カンムリワシ、ミサゴなどの猛禽類も本区鳥類の特色のひとつです。
* 海底生物
本風景区の海底世界には豊富な生態景観が見られ、鼻頭角から龍洞岬の間にはカラフルな美しい珊瑚が見られます。また、スズメダイやハダカイワシ、チョウチョウウオ、ニザダイ、テンジクダイなどの海洋生物や岩礁の魚類、ウニ、なまこ、アサガオガイ、ヒトデなども棲息しています。
* 海浜生物
潮の満ち引きの影響を受け、海陸の境には豊富な生態系が形成されています。統計によると、本風景区には60種以上の大型藻類、290種の貝類、70種以上の甲殻類、40種近くの棘皮動物及び100種以下の海綿動物やイソギンチャク、クラゲ、ゴカイ、ホヤなどの海浜生物が見られるとのことです。 。
* クジラ・イルカ
亀山島および南方澳海域は、夏から秋にかけてクジラやイルカの群れが出現します。この時期、レジャーボートや観光用漁船に載って、イルカやクジラウオッチングを楽しめます。亀山島の特殊な火山景観と結びつけたツアーが組まれています。
* 魚類
本風景区の海域北側には東海陸棚があり、東には黒潮が流れています。鯛科やスズキ科、ニベ科等などの沿岸に棲息する魚類以外にも、サバ、カツオ、サワラ、カジキ、マグロなど回遊性魚類も棲息し、多様性に富んでいます。台湾東北部は重要な漁場であり、漁業経済および漁村文化も活発です。漁村の生活や海洋生態、海産類なども多元的な観光レジャー資源となっています。
 
最終更新日:2018-10-02 16:13